« ごめん、オイラなまはげです。 | トップページ | 怒られた »

2014年10月31日 (金)

県の責任原因

ゆうじさん、コメントありがとうございます。

新品鉄板が瑕疵になるのかが論点。

全くそのとおり。

新品鉄板が通常有すべき安全性を欠くことが容易に分かるためには比較対象が必要です。

それも安全を確保している崖崩れの補修工事がね。

中古鉄板なら雨天でも簡単には滑りません。

ブレーキを掛けたり、バイクを寝かしたり、加速状態からいきなりアクセルを戻したりといった行動を取った時にスリップが発生します。

今回俺が見つけた証拠は、その滑り難い中古鉄板でも交通量が多ければタイヤによって鉄板は磨かれスリップを発生する恐れがある。

だからアスファルトを上に敷いて安全に寄与している状態のモデルが必要なんです。

理想的状態とそうでない状態。

人はどんな素人でも、どちらが良いかは何となく分かるものです。

ゆうじさん、あなたの通りたい道はどちらですか?

ほら、分かるでしょう。

バカじゃないなら。

|

« ごめん、オイラなまはげです。 | トップページ | 怒られた »

コメント

ピーキーちゃん♪これしきの事で悦に入ってては!裁判ではあんまり勝ち目無いんじゃないか?
あくまでひとつの事例の紹介で、即ち瑕疵とはなんないと思うぞ♪
いろいろ作戦あるんだろうからがんばるんだよ!

投稿: ゆうじ | 2014年10月31日 (金) 13時03分

瑕疵の証明は難しいと思いますよ、
多分工事は何らかの基準があって工事をするはずですから
事故の現場の想定される工事基準を捜して
その工事が基準を満たしていないとか、
不手際で安全基準が外れてたとかのほうが簡単だと
思いますよ。

投稿: nanasi | 2014年11月 1日 (土) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57841669

この記事へのトラックバック一覧です: 県の責任原因:

« ごめん、オイラなまはげです。 | トップページ | 怒られた »