« トルクアップガスケット | トップページ | あとはドライブスプロケット »

2014年10月 3日 (金)

信じられない

タケガワの新型ハイコンプピストンにトルクアップガスケットの組み合わせが凄すぎる。

CBR150R純正インジェクターをカブ110系エンジンに装着すると、そのままではエンジンはまともに始動しない。

125ccにボアアップしたマシンでも同様。

たとえ始動したとしてもまともに走れない。

それもそのはず、CBR150RはDOHC4バルブ150ccのロードスポーツ。

実用車とは求められる燃料の量が違い過ぎる。

ところが今の波乙にCBR150R純正インジェクターを装着して始動すると普通に掛かる。

しかもちゃんと走る。

多少、燃調が濃い症状で息継ぎみたいになるが、最高速は今までと同じで加速は今までで最高。

これ、きっちり燃調が合ったらどうなるの?

問題は前回装着したステージ5インジェクターから1ランク上のステージ6にするか、それともステージ7にするか。

ステージ6なら大きい噴射口を1つ塞ぐ、ステージ7なら小さい噴射口を1つ塞ぐ。

悩むなぁ。

これから寒くなるのでステージ7にしときますかね。

トルクアップガスケット凄い!

|

« トルクアップガスケット | トップページ | あとはドライブスプロケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57564446

この記事へのトラックバック一覧です: 信じられない:

« トルクアップガスケット | トップページ | あとはドライブスプロケット »