« 波乙絶対速い | トップページ | 久しぶりに峠テスト(予定) »

2014年10月18日 (土)

ドンピシャ

昨日、やっとベストセッティングが見つかったインジェクター調整。

コンピューターはノーマルのままでインジェクターの噴射量のみを調整して燃料調整を行うのが俺式。

やってる人は世界でも少ないと思う。

これをやるメリットは、

コンピューターのフィールドバック機能を活かせる。(ある程度の不具合をコンピューターが補正してくれる。)

セッティングが一発で決まる。(インジェクターを交換してすぐ具合が分かる。)

率直にいうと手間要らず。

ノーマルコンピューターは、インジェクターの3分の1しか性能を使ってない。

しかし、その代わりにフィールドバック機能による補正が利く。

燃料調整用サブコンを入れてセッティングの経験を積むことも良いが、これは時間と手間とセンスが問われる。

また、真に調子の良い車両に対する認識が必要になってくる。

真に調子の良い車両を簡単に説明すると、

ノーマルみたいな感じ。

あれ?っと思うでしょ。

例えば、カブ50があって乗ってみる。

パワーがもの足りない。

カブ90に乗ってみる。

「おお、良いじゃん。」

でも、まだパワーが足りない。

カブ110に乗ってみる。

「おっ、これは良い。」

でも、もうちょっとパワーがあれば納得できるのに。←今ここ。

そしたら、メーカーが出しそうなカブ125をイメージして改良していく。

それにはノーマルコンピューターの特性を残さないとね。

いかにもパワーアップしましたって車両よりも、ずっととっつきやすい車両の方が俺は好きです。

そんな車両を長年作ってきたチューナーを二人知ってます。(1人はもう亡くなりましたが。)

俺、その人達を目指してます。

|

« 波乙絶対速い | トップページ | 久しぶりに峠テスト(予定) »

コメント

フィールドバックじゃなくてフィードバックじゃないっすか?

投稿: nurpo | 2014年10月18日 (土) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57712737

この記事へのトラックバック一覧です: ドンピシャ:

« 波乙絶対速い | トップページ | 久しぶりに峠テスト(予定) »