« バランサー・カムスプロケットの改良 | トップページ | 訴状よし!証拠よし! »

2014年11月 9日 (日)

回るピストン

ある動画でモンキーのプライベートチューナーが面白いことを言ってた。

ピストンは吸気バルブが大きいからバルブリセス(逃がし)も大きくえぐれている。

ピストンをピストンピンのセンターから前後に分けた場合、大きくえぐれている吸気バルブ側が軽く、排気バルブ側が重いので、クランクが回転すると排気バルブ側のピストン側面が叩かれて抵抗になっている。

なので、排気バルブ側を吸気バルブ側と同じ重量配分になるように削ってやると、エンジンが回ろうとするとか。

参考までに重さを比べてみた。(測定方法は秘密。)

大体のピストンはやはり排気バルブ側が重かったが、中には吸気バルブ側だけバルブリセスが切られているのに吸気バルブ側が重いものがあった。

これを実際に吸気バルブ側と排気バルブ側の重量配分を揃えてみたら、エンジンはいつもよりも回ろうとするのだろうか?

実際にやってみないことには分かりませんね。

冬支度する前に試してみたいです。

理屈的に良くなることはあっても、悪くなることはないと思うのでチャレンジしてみます。

すぐにではありませんけどね。

|

« バランサー・カムスプロケットの改良 | トップページ | 訴状よし!証拠よし! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57933534

この記事へのトラックバック一覧です: 回るピストン:

« バランサー・カムスプロケットの改良 | トップページ | 訴状よし!証拠よし! »