« 俺の身体はリストラが必要です。 | トップページ | 俺が一番好きな鳥山明のイラスト »

2014年12月24日 (水)

中古マンガ

昨日、除雪の仕事が早く終わったんで、秋田市のマンガ倉庫に久しぶりに行った。

なんか良いマンガないかと探して6時間。

買ったのは、『山風短』と『脳男』でした。

山風短は、山田風太郎原作の短編マンガ集で計4冊。

脳男は劇場映画になったのをビデオで見て面白かったから、チェックしてみたらやっぱり面白くて購入。

山田風太郎は角川映画でよく見たが、思い出深いのは前の家族を守る為にやくざもんの自宅に突入して半殺しして逮捕されちゃって、留置場でよく読んだのが山田風太郎の小説。

まぁ、突入した切欠は元嫁のDVでしたが。orz

俺、嫁にはとことん優しいんですが、度が過ぎて舐められちゃうんだよな。

拘留30日間、ほぼ毎日見てました。(相手との事実関係を証明するのに時間が掛かったと検察官から言われた。)

山田風太郎の作風はちょっとHなんで、ちょっと困りましたけどね。

何せ留置場は禁欲生活を強いられますから。(笑)

山田風太郎は面白いねぇ。

レンタルビデオ店に行って、山田風太郎原作の映画でも数本借りようかな。

山田風太郎の作品に登場する人物像は、とにかく一途なんだよね。

俺に似てるから共感してんだな。

とっても一途でパワフルなバカなところが。

|

« 俺の身体はリストラが必要です。 | トップページ | 俺が一番好きな鳥山明のイラスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58360627

この記事へのトラックバック一覧です: 中古マンガ:

« 俺の身体はリストラが必要です。 | トップページ | 俺が一番好きな鳥山明のイラスト »