« 証拠提出 | トップページ | また弱虫がなんかほざいてる様です。 »

2014年12月 4日 (木)

どうやら訴状が届いた様です。

私ですさん、コメントありがとうございます

もしかして俺をよく知る人ですか?

まぁ、いいや。

その心配はないと思います。

秋田県に従ってすごすご帰ってきた様ですから。

そして何よりも俺とは面識がないからです。

知り合いの市議会議員を通しての要請なので、秋田県に従った時点でどうにかしようとは思わないでしょうね。


どうやら訴状が秋田県の代理人(湊弁護士)に届いた様です。

秋田県の事故過失が重い証拠をどっさり付けてやったので、慌てていることでしょう。

その証拠に、今になって俺が通ってるバイク屋に東京海上日動火災から電話があったそうです。

これは代理人からの要請ですね。

保険会社は今までノータッチで県職員が調査してましたから。

リアタイヤの減り具合の質問したようですから、事故原因をタイヤのせいにするつもりなのは見え見えです。

ところがどっこい、今日の午前中に追加した証拠には検証実験で減ったタイヤでも、通常の道路工事で使用される中古鉄板であったらならば事故は防げた事を証明しています。

この証拠が代理人に届いたら、また慌てるでしょうね。

なんたって丸坊主タイヤでも水を撒いた中古鉄板は一切滑りませんでしたから。

事故同時の時速30キロでも、その倍の時速60キロでも、それ以上の時速70キロで片手運転しても安定して通過できました。

しかし、本来の適正な道路工事ならば、傾斜のある道に鉄板を敷設する場合はアスファルトを被せてスリップ防止を施します。

その適正な道路工事が本来の姿という証拠も付けています。

俺は道路工事の素人じゃないんだよ。

弁護士は法律のプロでも道路工事は素人。

おまけにバイクも素人。

湊弁護士と電話で話してみたら、クルマの運転も大したことないのがよく分かった。

今度の裁判は、法律のプロVS道路工事とバイクのプロ(バイクパーツ開発販売)ってことになる。

さて、湊弁護士のお手並み拝見です。

|

« 証拠提出 | トップページ | また弱虫がなんかほざいてる様です。 »

コメント

自分で実験してこのような結果でしたと報告しても
証拠にはなりませんよ、いくらでも嘘をつけますからね、
裁判官が信頼できると思われる人の確認が必要です
証拠として採用されるには少なくても自動車工学を教える立場の人の確認(書名捺印)が複数必要でしょね。

投稿: | 2014年12月 4日 (木) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58174529

この記事へのトラックバック一覧です: どうやら訴状が届いた様です。:

« 証拠提出 | トップページ | また弱虫がなんかほざいてる様です。 »