« エンジン弄るぞ! | トップページ | 俺のエンジンが掛からない。 »

2015年1月17日 (土)

エンジンチューンナップ完了

怠け癖がつく前にエンジンを弄りました。

まずはエアフィルターの交換。

後付けの整流板を外し、新しいエアフィルターの金網を取り外してから整流板を付けます。

この外した金網はキャブレター時代の名残みたいなもんで、バックファイヤー(吹き戻したガソリンが燃えながら吹き出す。)でエアフィルターの火災を防止する為にあります。

ブレーキング時にまだ回転数が高い段階でエンジンブレーキを多用するとバックファイヤーがよく発生します。

下手くその証拠です。(真面目な話。)

ブレーキングでしっかりエンジン回転数が落ち込んでからのシフトダウンを行うとバックファイヤーは起きませんよ。

おまけにインジェクションになってからは尚更起きません。

アクセル開度センサーのおかげです。

しかし、もしもの為についている。

整流板は金網の代わりにエアフィルターの盾となるので完璧なエアフィルターになりますね。

次にエンジンの圧縮比アップします。

0.3ミリのベースガスケット(JA07カブ110用トルクアップガスケットの製品名でヤフオク販売中。)に交換します。

交換後、明らかにガソリンが薄い症状が出ました。

強化インジェクターのランクアップをします。

圧縮比アップ前に装着していた強化インジェクターは、CBR150用のインジェクターに加工していて、小さい噴射口を2つ、大きい噴射口を1つ、ロー付けで塞いでいます。

見た目では、どっちが小さい噴射口で、どっちが大きい噴射口か全く違いが分かりません。

今回は、小さい噴射口1つ、大きい噴射口1つを塞いでいるインジェクターを装着しました。

エンジン始動して空吹かしすると普通に調子良く吹け上がりました。

これでセッティングはOKですね。

細かいセッティングは走行中にコンピュータが勝手に合わせてくれますから。

キャブレターには無理な事です。

ついでですが、マフラーのエキパイ取り付けナットをKTM純正アルミナットにしました。

このアルミナットは、かしめみたいに最初から少し変形していて緩み防止が施されています。

前から使ってみたかったので今回使いました。

さて、明日は足回り(フロント側)だな。

あっ、そうそう。

オイルも今まで使っていたのが半化学合成のヤマルーブ プレミアムでした。

明日、化学合成のヤマルーブ プレミアムを交換します。

噂では、もっと良くなったと評判ですから使うのが楽しみですね。

|

« エンジン弄るぞ! | トップページ | 俺のエンジンが掛からない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58613439

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンチューンナップ完了:

« エンジン弄るぞ! | トップページ | 俺のエンジンが掛からない。 »