« 俺のエンジンが掛からない。 | トップページ | これからのカブチューンナップは4バルブ化が主流 »

2015年1月18日 (日)

トルク型サイレンサー

午後からやっと俺のエンジンが掛かりました。

アウテックスマフラーはステップ形状の違いから装着ができない事が判明しました。

仕方なしに自作マフラーの仕様を変更して使います。

センタースタンドを着けるのはなしです。

波怪の自作マフラーは、水本マフラーのエキパイを加工して高回転域までスムーズに吹け上がるセッティングにしてます。

エキパイの断面が半円に潰したりしてね。

今までのサイレンサーはKTM600LC4用エンデューロ用でしたが、今回はモトクロス用にしました。

モトクロス用サイレンサーは山の工場の資材置き場に放置してましたんで、まるで化石みたいになってましたよ。orz

キレイにしたりせずにそのまま装着。(ワイルドだな。)

モトクロス用サイレンサーは、エンデューロ用よりも20センチくらい短いです。

しかも、内部の消音パンチングパイプの長さは3分の1。

もろレース用ですね。

装着にはサイレンサー取り付けステーの延長が必要でした。

KTM純正部品にはサイレンサー交換時のコンバート用ステーがあるのですんなり着きます。

モトクロス用サイレンサー交換後、マフラーの抜けが良くなったのでアイドリングしませんでした。

波怪には、アイドリング調整用のネジを取り付けてますから、アイドリングを少し上げてやります。

数分空吹かしをしていると、コンピュータが勝手にガソリン噴射量を調整して吹け上がりが良くなりました。

っていうか、元々凄い吹け上がりなんで今度は物凄い吹け上がりです。

アクセルを一瞬で全開をしたと同時にエンジンがレブって(吹け切る)ますよ。

岩手のKYBさんに見せたいくらいの鬼レスポンスです。

明日は何とかフロント回りの交換ができたら良いなぁ。

頑張れ俺!

|

« 俺のエンジンが掛からない。 | トップページ | これからのカブチューンナップは4バルブ化が主流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58624804

この記事へのトラックバック一覧です: トルク型サイレンサー:

« 俺のエンジンが掛からない。 | トップページ | これからのカブチューンナップは4バルブ化が主流 »