« 雪道安全運転講習会の動画その3 | トップページ | 波怪ちょっと変更 »

2015年1月26日 (月)

タコメーター注文しました。

TAROさん、マキオ会長、トルク回転数反比例さん、まるじさん、コメントありがとうございます。

TAROさん、また来年も参加してください。

講習会のノウハウは毎年アップデートしております。

マキオ会長、天気は最高でしたね。

あれ、neriさん転んでなかったと思うけど?

トルク回転数反比例さん、公道で本気走りはいけません。

過去に数回ほど本気走りをするイベントがありましたが、まさに危険が危ない状態で怪我人続出。

特に雪道では限界の手前の手前の手前くらいが結果的に最速だと思いますよ。

力みは百害あって一利なしです。

まるじさん、リンクOKです。

じゃれ合いの方はNGで。。。

最近、カブ仲間にタコメーター装着車両が密かに増えてる。

シャコタンさんとこは、タコメーター装着が標準装備。

neriさんやまるじさんもタコメーターを装着。

但し、油温計付き。

タケガワ製がリーズナブルだそうです。

早速、注文しましたよ。

油温の管理は冬のエンジン温度管理には欠かせません。

オーバークール防止の防風板が、雪質の関係やコースの傾斜でオーバーヒートになる事もよくある。

そこでエンジン温度管理に油温計を利用する。

俺の場合はサーモ・ステッカー(温度計シール)を長年使って管理していた。

しかし、走行中はスピードメーター付近に油温計があった方がいい。

昨日も農道の長い上り坂でオーバーヒートした車両がいて、途中で防風板の下半分を取り外してました。

波怪は防風板の3分の2をプラ板を用い、3分の1を布テープを使ってオーバーヒート気味の時はすぐ剥がしてます。

よく、解けた雪の滴が前輪から跳ね上がってエンジンを濡らしオーバークールになり易い。

波怪には滴の跳ね上げ防止にマッドフラップ(泥除け)が付いてました。(フロント回りを波乙から移植した後は付いてませんが。)

エンジン温度管理が楽な水冷エンジンが羨ましですね。

ヤマハのタイカブは水冷エンジンです。

でもタイカブもホンダでないと納得できません。

なんたってカブはホンダの代名詞ですからねぇ。

波怪の進化はまだまだ終わりません。

|

« 雪道安全運転講習会の動画その3 | トップページ | 波怪ちょっと変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58714890

この記事へのトラックバック一覧です: タコメーター注文しました。:

« 雪道安全運転講習会の動画その3 | トップページ | 波怪ちょっと変更 »