« 時代遅れの法律 | トップページ | 慌ててコメント »

2015年2月27日 (金)

ダイエッターになったら鬱にならなくなった。

体重増加により上り坂でバイクが遅い。

そこでダイエットを始めて体重を減らした。

一番交換があったのは砂糖断ち。

現代社会では、コンビニに行けば甘いものが山ほど手に入る。

まずは、炭酸ジュースをやめた。

砂糖入りコーヒーをやめた。

甘いお菓子はなるべく取らないが、我慢できなくなった時はブラックコーヒーのお茶うけに少々取る。

1ヶ月ほどして体重は減り、停滞期を過ぎた辺りである事に気付いた。

何かしていないないとすぐに気分が滅入ってたのが治ってる。

子供の頃の様に肩の荷が無いっていうか、とてもリラックスしてる。

以前なら寂しいと感じたであろう状況でも気にならなくなってる。

調べてみたら、砂糖の過剰摂取(本人は気付いてない)は鬱になりやすいらしい。

甘い砂糖をやめられない人はいるだろう。

俺もたまには甘いものが欲しくて買ってる。

ハーゲンダッツのお餅アイスは美味かったぁ。

でもね、たまに食べるから最高の贅沢をしている気分。

砂糖断ちは、幸せと感じるレベルを下げる効果があります。

誰も気にしてないと思うが、砂糖には麻薬の様な常習性があります。

少し気にするだけでハッピーになれるかもよ。

|

« 時代遅れの法律 | トップページ | 慌ててコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59076467

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエッターになったら鬱にならなくなった。:

« 時代遅れの法律 | トップページ | 慌ててコメント »