« 明日は湊弁護士との初バトル | トップページ | 新型防風板の開発 »

2015年2月 2日 (月)

今思えば

今思えば、昔(7年前)はバイクスタントやってて、それをやる前からもバイクスタントみたいな事を平気で公道でやってた。

片側二車線を走るクルマの真ん中をウィリーで抜いてったり、バトルして勝った相手の目の前でストッピーで威嚇したり、ハリウッド映画の悪役ライダーも顔負けの乱暴ぶり。

元々、ハリウッド映画のバイクスタントを見て真似してほとんどの同じ事がすぐできた。

一時期は真面目にスタントマンになろうかと思ったこともあった。

それが、カブに乗る様になってからバイクスタントに一切興味がなくなった。

とにかく、カブで速く走りたいと思う毎日。

いかなる時も速く走りたい。

雨が降ろうが、雪が降ろうが関係なく、いつでも同じスピードで走りたい。

そう考えたらバイクスタント的な走りに現(うつつ)を抜かしてたら絶対に無理と感じてた。

バイクでドリフト?

いらん、いらん。

ウィリー?

もう、一生分やった。

但し、バックスピン飛び降り(走りながらサイドスタンドを立てると同時にキーをOFFにしてエンジン停止して、バックスピンでバイクから飛び降り、バイクはスライドして停車した後に自立してるスタント技。 比較的に危険が少ない割りに凄く目立つ。)だけは今もよくやります。

ライダー同士の出会いってインパクトが大事ですから。

雪道安全講習会の時も福島県から参加した方の前で披露しました。

でも、本当に今はこれしかやってないし、できない。

カブで速く走るって俺にはそれだけ価値のあるものなんですね。

信じられないかも知れませんが。(笑)

今月中に147ccのボアアップとΦ24のインジェクション口径アップを開始します。

最高速型のエンジンではなく、トルク重視エンジンをなりますが、そこまでしないと改造パーツの豊富な鉄カブ達に太刀打ちできないからです。

仲間内の鉄カブ軍団では4バルブエンジン化の準備が着々と進んでおります。

カブ&ピースでは、お盆までに鉄カブ専用5速ミッションの発売が決定しました。(内部情報。)

カブ110系エンジンで鉄カブに対抗するには、以前にも言いましたが脱原付きバイク化(125ccオーバー)するしか手がありません。

とりあえず147cc、いずれは200ccオーバーを目指してWAVE125iエンジン積み換えも考えてます。

夢のスーパーマシン作りはまだ始まったばかりです。

|

« 明日は湊弁護士との初バトル | トップページ | 新型防風板の開発 »

コメント

wave125iのエンジンなら170ccくらいまで比較的安全にボアアップできそうですよね。
GROMのパーツも使えそうですし。

投稿: nurpo | 2015年2月 2日 (月) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58790826

この記事へのトラックバック一覧です: 今思えば:

« 明日は湊弁護士との初バトル | トップページ | 新型防風板の開発 »