« 滑りのメカニズム | トップページ | 負ける気しません! »

2015年2月 4日 (水)

新たな証拠提出

今日、裁判所に新たな証拠(準備書面)を提出します。

証拠の内容は、

今回の事故がいかに発生したかのメカニズム解説文。

境界層剥離の説明文。

ハイドロプレーニング現象とその対処方法の説明文。

俺がバイクの運転技術に優れていて、通常運転では転倒回避能力が高いことの証明写真(CBR600による直角ウィリー)

あと、証拠説明分です。

俺には死角はありません。

それでも裁判で負けることがあれば、それは司法の未成熟よるものです。

全部今回の事故は説明がつく。

被告の主張を論破できる。

それなのに敗訴となれば、ダメだこの国の裁判所ってことになるよ。

論より証拠の論理も証拠も全て揃ってるんだから。

実証実験でも証明しているしね。

地方裁判所で納得のいく説明もなしに敗訴したら、すぐに上告します。

上告して地方裁判所の判決が覆されれば、それは地方裁判所の裁判官がダメだったとなり、裁判官の成績表で出世に関わってくるらしい。(元裁判官の弁護士の話。)

慎重な判決を御願いしますよ。

|

« 滑りのメカニズム | トップページ | 負ける気しません! »

コメント

負けた時の言い訳無しで行こうよ☆
女々しいよ。

投稿: カブ太 | 2015年2月 4日 (水) 22時15分

人生が充実してないと、そうやって役所とか裁判所に自己主張して充実求める奴っているよな♪

投稿: ゆうじ | 2015年2月 5日 (木) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58808859

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな証拠提出:

« 滑りのメカニズム | トップページ | 負ける気しません! »