« ゲッカン タカハシゴー第2巻は4月27日発売予定 | トップページ | 戦線離脱 »

2015年2月14日 (土)

なんか始動性が悪くなってます。

波怪が山形で粗悪ガソリンを入れられてから始動性が悪くなってます。

スパークプラグを新品にしてもエンジンが掛からず、それまで使っていたスパークプラグ(プラグギャップを狭くして使用。)に交換するとすぐに掛かった。

試しに新品プラグとプラグギャップを狭くするとやはり、すぐに掛かった。

プラグギャップを狭くしたのは粗悪ガソリンでやられたプラグで始動しなければならなかったから。

これは点火系もヘタってる可能性があります。

波乙から波怪に点火コイルとプレズマブースター(両方とも波怪も使ってます。)を移植だな。(波乙は完全部品取り扱い。orz)

標準のプラグギャップでちゃんと始動できるのが正常なので、そうしたいですね。

あと、新発明の実験をしてます。

その発明とは?

超ビックフィン。

実は、エンジン保温の防風板の代わりにでかいアルミ坂をシリンダーヘッドカバーに装着しています。

エンジン横を通る風を規制して、エンジンを負担の掛かる上り坂やタイトなコーナーの連続ではエンジン温度の上昇を抑えようとしています。

うまくいくかは全く分かりません。

走ればすぐ分かりますし、改善点も出てくるでしょう。

エンジンの保温よりもビックフィンによって冷やされる方が大きければ、失敗するだろうなぁ。

まぁ、発明はなんでも試してみないと分かりませんからね。

明日、いきなり実戦投入です。

Photo

|

« ゲッカン タカハシゴー第2巻は4月27日発売予定 | トップページ | 戦線離脱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58934545

この記事へのトラックバック一覧です: なんか始動性が悪くなってます。:

« ゲッカン タカハシゴー第2巻は4月27日発売予定 | トップページ | 戦線離脱 »