« 今思えば | トップページ | 悩める裁判官 »

2015年2月 3日 (火)

新型防風板の開発

nurpoさん、けいさん、コメントありがとうございます。

nurpoさん、本当はWAVE125iに乗り換えも考えたんですが、WAVEは重くってダメです。

小排気量は軽さが武器なので、マシン本体で20キロ重いとかなりのハンディですね。

WAVE110ATでよくわかりました。

もし、エンジン積み換えするとなれば、エンジンマウントの変更や電装の交換など面倒くさいことこの上なし。

やっぱりカブ110系エンジンで突き詰めていく方が良いのかと迷っている次第です。

けいさん、人間は老いがあります。

しかし、経験は全てプラスされて蓄積します。

若者が四苦八苦してる横で何事もない様にこなす年配者ってカッコいいですよね。

雪道安全運転講習会はそんな自分研きの場でもあります。

日々精進してください。

雪道の訓練は雪がないシーズンでもできます。

波怪にタコメーター(油温計付き)を取り付けて驚いた。

エンジンのオーバークール防止の防風板は、意外とエンジンを熱ダレさせている事が分かった。

そこで、ゆっくり(70キロ以下)走っている時は温めて、飛ばしている時はそこそこエンジンを冷やしてくれる防風板を作ろうと思う。

実は構想的には数年前から考えていた。

しかし、現実にその必要性が分かって急遽製作する事にした。

どんな防風板かは、完成してからのお楽しみ。

ちなみにアルミ製です。

|

« 今思えば | トップページ | 悩める裁判官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/58797214

この記事へのトラックバック一覧です: 新型防風板の開発:

« 今思えば | トップページ | 悩める裁判官 »