« 特許や実用新案の裁判について | トップページ | 公道走りに必要なこと »

2015年3月11日 (水)

グロム4バルブ・エンジン

とうとうグロムの4バルブ・エンジン化のキットがタケガワから発売されます。

と、いうことはWAVE125iも4バルブ・エンジン化できる可能性があります。(未確認)

181cc、4バルブのタイカブなんて凄い。

夢の雪道120キロ巡行ができるかも。(現在は90~110キロ巡行です。)

まぁね、その分重くなりますが巡行速度のアップには仕方がないかも。

パリダカール・ラリーでも巡行速度のアップは排気量と2気筒エンジンだったからな。

かつて、元モトクロスの世界チャンピオンだったガストン・ライエが、それまでシングルエンジンが主流だったオフロードラリーに初めてBMWの1100ccを持ち込んで優勝した。

その後、ホンダとヤマハが大排気量のラリーマシンを開発。

ホンダが何連勝かして、「もうパリダカール止めた。」と撤退してからヤマハの天下。

結局、パリダカール・ラリーの主催者側が、「2気筒エンジン禁止!」となってからはオーストリアのKTMが常勝しています。(2気筒時代は万年2位でした。)

これから原付きバイクの脱原付き化は、当たり前になります。

新しい時代の波を感じるなぁ。

|

« 特許や実用新案の裁判について | トップページ | 公道走りに必要なこと »

コメント

だったらカブじゃなくてもいいんじゃ?
っていうか、それでもカブと呼べるのか。。。
永遠のテーマですな。

投稿: TARO | 2015年3月11日 (水) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59221851

この記事へのトラックバック一覧です: グロム4バルブ・エンジン:

« 特許や実用新案の裁判について | トップページ | 公道走りに必要なこと »