« ダイレクトイグニッションその2 | トップページ | 商売って大人だね。 »

2015年3月31日 (火)

秘密にする技術、特許を取る技術。

長年に亘り企業の特許取得首位だったパナソニックが、今年は3位になって話題になりました。

特許を取得することは、権利期間を過ぎれば他人に使われてしまうし、権利期間内でも技術の公開になってより良い物が開発される恐れがある。

俺が、「これは特許を取った方が絶対に良い。」と思うのは、見た目で仕組みが簡単に分かる技術。

そうでないものは、内緒にしていた方が良いことの方が多い。

やっぱり、大企業も同じ考えで特許取得数がここ数年落ちているのは、これが原因。

俺は特許ではなく、比較的に取得が楽な実用新案を取っている。

そうする理由は、構造が単純なのに効果ある、所謂ローテクな技術だからだ。

それでも、大企業なら特許で申請するだろう。

特許と実用新案は、権利期間中に特許庁に支払う金額が違うのだ。

まぁ、そん分は権利期間が短い。

特許は20年、実用新案は10年。

仕組みが見て丸分かりな技術は、とりあえず実用新案を取るべきです。

真似されて販売される前に。


|

« ダイレクトイグニッションその2 | トップページ | 商売って大人だね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59468185

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密にする技術、特許を取る技術。:

« ダイレクトイグニッションその2 | トップページ | 商売って大人だね。 »