« 忙しくてゲロ吐きそう。 | トップページ | イエスタデイ »

2015年3月28日 (土)

クビ切り要員

名無しさん、(次からはネーム付きでお願いします。)トルク回転数反比例さん、コメントありがとうございます。

名無しさん、実はバイクには元々ジャイロ効果はあるんです。

カムシャフトよりもはるかにでかいクランクです。

クランクの向きによってジャイロ効果の作用に違いはありますが、やはり排気量が大きいバイクほどジャイロ効果も大きくなります。

ジャイロ効果が最も凄いのは水平対向エンジンのBMWだそうです。

バランサー・カムスプロケットは、クランクのジャイロ効果に邪魔なカムシャフトの振動を減らし、ステアリングをよりフリーな状態に近付けているだけです。

それだけでも凄いことなんですけどね。(笑)

トルク回転数反比例さん、こんなに忙しいのはこの時期だけなんで頑張ります。

あんまり儲からない商売ですが地域の為にと、ない知恵搾って良い商品を作ってますよ。

昨年、長年農家をやっている人から、「歳を取って自分で作れなくなりましたのでお願いします。」とオプション商品の依頼がありました。

俺が作ったところ、

「こんな良いのは初めて使った。 こんなの今まで見たことない。」と大喜びしてくれました。

嬉しかったなぁ。


さて本題。

前回の裁判で、原告(俺)と被告(県庁建設部)との主張が終わりました。

その際に県庁からは6名の被告側の人間がぞろぞろ裁判所にやって来た訳です。

時々、会話に笑みがこぼれる中、一人だけ笑ってない人がいました。

秋田県庁建設部用地課班長の藤本正人さんです。

この人は、今回の裁判となる鉄板転倒事故で担当になった人。

建設部の会議で決まった俺への対応(藤本正人さん自身が俺との電話でポロリして発覚。)を上司からの命令で、色々とでっち上げてくれました。

示談交渉時に俺への嘘の連発。

途中からいきなり本当のことをポロリと喋ってしまい、慌てて上司の進藤実課長が否定する場面もありましたね。

示談交渉の過失割合を決定するに参考とした判例も、自分達に都合よく改ざんしていたことも被告からの準備書面で明らかになりました。

示談交渉の際に俺が受けた違和感から、情報公開を求めたところ、なんと拒否。

すぐに異議申し立てをしました。

その異議申し立てで、俺の主張が通れば大問題となります。

大問題にもなれば、誰かが責任を取らねばなりません。

そうです、藤本正人さんです。

この前に裁判で見た藤本正人さんは、昨年の夏に見た時とは全く印象が違いました。

顔色が悪く、頭はハゲ散らかして(神経性脱毛症?)今にも死にそうでした。

これ、裁判で俺が勝って、異議申し立てでも俺が勝ったら、真っ先に責任を取らせられるんでしょうね。

上司から命令でやったのにも関わらず。

「お前の対処が悪い。」の一言で。

早く藤本正人さんにこう言ってやりたいものです。

「ご愁傷さまです。」

|

« 忙しくてゲロ吐きそう。 | トップページ | イエスタデイ »

コメント

うわぁ~、詰め将棋の様相を呈してますねぇ~。
さすが県庁コッパ役人、西原理恵子先生も『人生に気合いが入ってるヤツと勝負はしない方が良い』と仰せになられているごく一般的な常識を理解出来ないんですね(笑)。

裁判頑張って下さい。

投稿: 平社員 | 2015年3月28日 (土) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59432504

この記事へのトラックバック一覧です: クビ切り要員:

« 忙しくてゲロ吐きそう。 | トップページ | イエスタデイ »