« エンジン納期 | トップページ | アニメ動画 »

2015年3月24日 (火)

常識はいつか崩されるもの

春になり、peaky_partsの商品もばちぼち売れてきました。

今日、ビデオ店にDVDを返しに行く途中、車線変更したらバチバチとパッシングをくれるクラウンが一台おりました。

次の瞬間に俺は高速車線変更でワープしてあっちゅう間にビデオ店にDVDを返却。

その後、暇なんでさっきのクラウンをぶっちぎることにしました。

霙がガンガン降るし、強風で車が混んでましたが、俺には関係ありません。

また、あっちゅう間にクラウンに追いつき170キロパスカルでパス。

工事現場の段差で軽くジャンプして気分はヒャッホー!

まぁ、バカ話はここまで。

馴染みのバイク屋でバイク談義したんだが、昔からのバイク仲間で俺の発明品に否定的な人物がいる。

別に批判や疑いを持つのはいい。

でも、一度でも体験したの。

プラシーボ効果でバイクは速く走らんよ。

彼が言うには。「常識的ではない。」だそうだ。

俺の発明に常識的なものが一つでもあったか。

凹状に曲がった従来のハンドルレバーを凸状にすることで操作性を格段に向上させたピーキーレバー。

カムスプロケットにカムシャフトのバランサー機能を持たせて、某バイクパーツ・メーカーが勝手にパクったバランサー・カムスプロケット。

今まではヘッドガスケットの厚みを薄くして燃焼室の圧縮比を上げるのをベースガスケットで行ったトルクアップガスケット。

フライホイールにウェイトを付けることでトルク感とエンジンブレーキの利き方をライダーに扱い易くしたエンジンブレーキ強化キット。(間もなく再販。)

つるんとしたカブ110系エンジンに、走行風と直角の向きでフィンを装着することでコンパクトで冷却性の高いビックフィンキット。

どれも異質。

発明はそれまでの常識に疑いを持つことからできる訳ではない。

色んなアイデアを試したら、驚きの効果が生まれ、なぜそうなるのかを解明するのが発明だ。

理由なんか後から考えて実験し証明する。

今時の発明は、良いアイデアが浮んだら考えて作るんじゃなく、作ってから考える。

最近、カーレースの最高峰ルマン24時間レースにデルタ・ウィングという三角形のレースカーが参加した。

レースは他車からの接触でコース外に吹っ飛びリタイアだったが、そのコンセプトが凄い。

従来の半分の重量、従来の半分の排気量、従来の半分の燃料で24時間を走り切る。

このクルマが発表された当時(3年前)は否定的な意見が多かった。

クルマの試作品ができても批判的な人が多かった。

しかし、不具合を無くしてマシンの完成が近づくと応援する声が増えだした。

アイデアを思いついたら作ってみて、悪いところを直して完成させる。

効果は後のお楽しみってやつだよ。

常識なんて、クソくらえ!

|

« エンジン納期 | トップページ | アニメ動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59392104

この記事へのトラックバック一覧です: 常識はいつか崩されるもの:

« エンジン納期 | トップページ | アニメ動画 »