« 古本屋にて | トップページ | 特許庁からの連絡 »

2015年4月 4日 (土)

カブ110のエア・クリーナーボックス

今、カブ110(JA07)のエア・クリーナーボックスのチューンナップを目論んでいます。

カブ110でもタイカブと中華カブ、タイカブでもカブ110とWAVE110iとでは全然エア・クリーナーボックスの形状が違います。

そして、同じWAVEでもマニュアルギアとオートマでは、やっぱり違います。

俺的に一番良い形状と思うのはWAVE110ATのエア・クリーナーボックス。

2番目はWAVE110iです。

しかし、ラムエア・システム化にするとなると、カブ110(タイカブのJA07)が最もラムエアにした時の効果が高い様な気がします。

何より国内でエア・フィルターが簡単に手に入るのが魅力ですね。

また、エア・フィルター裏側に設置する整流板の取り付けも楽に出来そうですね。

WAVEシリーズは、エア・フィルターの形状からやっと取り付けていましたから。

ラムエア・システムにした時のパワーアップは、下り坂で現れます。

とにかく、下り坂がメチャクチャ速くなる。

小径のインジェクション、小径の吸排気バルブを考えても素晴らしいものがあります。

インジェクションのとバルブのハンディキャップを取り返せるとも言えますね。

後は、気の利いたマフラーを入れるだけ。

波怪のニューエンジンには、新しいエア・クリーナーボックスでチャレンジです。

|

« 古本屋にて | トップページ | 特許庁からの連絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59519177

この記事へのトラックバック一覧です: カブ110のエア・クリーナーボックス:

« 古本屋にて | トップページ | 特許庁からの連絡 »