« おっ、その気になったか。 | トップページ | バトルで完敗 »

2015年4月26日 (日)

トルクアップ

桜華さん、反論できなさそうなコメント無視してると言ってる名無しさん、ラッキーマンさん、ラッキーマンさんを批判してる名無しさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、法律はくるくる変わるが決まれば守らなければならないもんです。

緩くなるんは、大歓迎するべきか俺でも分かりません。

食管法が緩くなり、ヤミ米がヤミ米でなくなった時に、「今までの我慢はなんだったのか?」と食管法を守った人々は思ったでしょうね。

滑る鉄板には滑り止めをすることと暗黙のルールにできる様な判決をしてもらえるまで頑張ります。

反論できなさそうなコメントを無視してると言ってる名無しさん、あなたブログやってる?

俺がコメントをくれた人の話を記事に載せるのには、しっかり対応していることを示すためもあります。

俺が感じたことを感じたまま答えてます。

ブログは公開日記帳ですので、自分の気持ちを書けなくなったとっくの昔にやめてますよ。

誰一人、粗末に扱った覚えはないですねぇ。

ラッキーマンさん、なかなか洒落たハンドルネームにしましたね。

GJ!

R-1さん、鉄板上でスリップが発生した時にハイドロプレーニング現象に対して適正な運転(グリップが回復するまでアクセルやブレーキに触れず、回復するのを待つ。)は出来ました。

しかし、スリップした後輪がグリップの良いアスファルトに出た瞬間にトラクションが回復し、突然後輪が真横に跳ねました。

これは俺でも対処できませんでしたね。

よく、クルマのレースでマシンが浮き上がったらどうにもなりませんよね。

俺でもバイクが空中で真横になるなんてどうにもできません。

実際に見せられたらいいのですが、バイクってこんなことも起きるんだと思いました。

24時間で1000キロツーリングなんてキャノンボールに比べれば遊びもいいとこですよ。

楽勝、楽勝、子供の遊び。

キャノンボール下道組なら10時間で1000キロ走破です。

あなたの知らない世界もあります。

事故当時の俺のコンディションは全く問題なく、問題があったのは鉄板だから裁判しました。

バイクが真横になって跳ねるんですよ。

笑えない。

ラッキーマンさんを批判してる名無しさん、本来であれば名無しのコメントは即削除なんですが、ピーキー逃げたと三好裁判官と同列に思われるのが嫌なのでコメントを返します。

名乗らず他人を批判するのは烏合の衆の下の下の下。

いうなれば、カスにもなれないカスってとこですか。

もう少し頑張って立派な烏合の衆になってくださいね。

ガンバ!(はぁ~と)


バイク屋から、波怪のミッショントラブルが酷くならない様になるべく激しいシフトチェンジをするなと指導されました。

でもダートラコースを作ったので走りたいですよね。

そこで2速固定のまま走れるセッティングとチューンナップをすることにしました。

ギア比の変更、新型マフラー改造+マフラー出口を規制してトルクアップを図ります。

上手くいくかは分かりませんが。

カブでやるダートラは雪道走行にも役立ちますので、長く楽しみたいですね。

でも、俺の走りはグリップ走行。

トラクション重視でドリフトなんかさせない走り方です。

地味ですが、それがいい。

地味で速いは、渋いっすわー。


|

« おっ、その気になったか。 | トップページ | バトルで完敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59776285

この記事へのトラックバック一覧です: トルクアップ:

« おっ、その気になったか。 | トップページ | バトルで完敗 »