« 真正面から答えましょう。 | トップページ | 限定動画にした理由 »

2015年4月23日 (木)

誰が見てもおかしい

名無しでまともなこと言ってる風な人さん、コメントありがとうございます。

客観的に見ても俺の主張が筋が通ってるから腹立たしい。

例えば、国道101号線の崖崩れ補修工事の際には鉄板の上にアスファルト舗装が施されました。

本件工事現場はそのまんま。

とちらも道幅、傾斜角度同じ。

被告側は、これらの傾斜角度は設計上違い、国道101号線は傾斜角度がキツかったと主張していますが、実際に俺が測定したらぴったり同じでした。

設計上の数値は、あくまでも設計上の話です。

これも証拠写真で提出してます。

判決では、国道にはブレーキングの必要があったから舗装した。

本件工事現場はブレーキングの必要はないので瑕疵はない。

実は、本件工事現場は崖崩れで道幅が狭くなったために、路肩まで道幅を拡げてクランク状になっています。

クルマで通過する場合、ブレーキングして、ハンドルを切り、ハンドルを切り返して、アクセルを鉄板上で開けなくてはいけない。

これだけのことを鉄板上でされる本件工事現場が舗装の必要ないと言えますか?

おまけに、国道101号線のブレーキングポイントは鉄板からかなりはなれな箇所です。

つまり、判決は荒唐無稽な言い逃れでしかない。

被告側は、本件工事現場の敷鉄板は新品ではなく、塗装もされていないと主張しました。

表面は製造時にできた酸化鉄です。

被告側の言う、塗装ではなく酸化鉄が残っていたとしたら、それも錆びてない新品状態ではないですか?

塗装ではないというのなら何故灰色なんですか?

酸化鉄(黒錆)は真っ黒か、紺色ですが?

鉄板の上にアスファルト舗装をした工事現場は少ないといえど、こうして雨天時に徐行運転で通過しただけで滑る鉄板に滑り止めを施さない理由にはならないと思いますが?

どれもこれも理屈にならない主張ばかり。

別にブログに裁判で使われた原告と被告の主張と証拠書類を掲載してもいいですよ。

どちらの主張が正しいか一目瞭然。

まぁ、過去にブログに掲載した被告側主張と俺の反論を見ればすぐに分かりますよ。

結果だけ見て、あーだ、こーだ言うのはバカにも言えますからね。

生半可なことは言わない方が良いですよ。

俺は良いのですが、アナタが笑われます。

事実は真実であるべきです。

今回の裁判で真実が認められなかったのは事実。

アナタは許せますか?

そんな司法の姿勢を?

もし、許せるならアナタは飼い慣らされた豚みたいですね。

白いものは白っていいましょうよ。

主張が通らなかったのはお前が間違ってるからだと言いたいのは分かりますが、それなら高等裁判所も最高裁判所もいらないじゃないですか?

簡易で十分でしょうってアナタの考えですね。

まぁ、参考意見として耳の中に通しておきますよ。

できたら俺の客観的ではない主張ってのが具体的にどれのことが指摘してほしかったなぁ。

そうでないと人間が安く見えます。

只の冷やかしは御免です。

コメント感謝します。

|

« 真正面から答えましょう。 | トップページ | 限定動画にした理由 »

コメント

客観的に見てもおかしいって、その客観的に見てる人間は誰なのよ。
自分がこう思うからそれが正しい、間違ってると指摘されてることも俺自身が正しいと証明できるから正しい。ではなく
真っ向から司法とやり合いたいならまず自分の意見の正当性を証明してくれる機関なり人物なり(弁護士とか)に頼るべきなのでは?

投稿: | 2015年4月23日 (木) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59742342

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が見てもおかしい:

« 真正面から答えましょう。 | トップページ | 限定動画にした理由 »