« ロボット生活 | トップページ | 6月20日はマッドマックス »

2015年4月 7日 (火)

ビックフィンキットの改良

そろそろ気温が上がり、エンジンを冷やす必要が出てきます。

ビックフィンキットでエンジンを冷やしている波怪ですが、排気量が24cc増えるので、もっと冷やさないといけません。(124ccから148cc。ノーマル109cc)

そこでビックフィンキットに改良を加えることにしました。

ビックフィンキットには、シリンダーヘッドカバーを留めるボルトにφ20ミリのワッシャーを使っています。

このワッシャーは鉄製なので熱伝導率の高いアルミ製に変更しました。

Photo

画像の赤いワッシャーが新しく取り入れたアルミ製ワッシャーです。

左上が今までの鉄ワッシャー。

これでシリンダーヘッドカバーの熱がアルミ製ワッシャーからビックフィンに伝わります。

鉄とアルミでは熱伝導率が段違いですから、ビックフィンもさぞかし熱くなることでしょう。

ヤフオクで販売するビックフィンキットも、これからはアルミ製ワッシャーになります。

沖縄や九州の暑い地域のカブ110オーナーに好評のビックフィンキット。

熱ダレ防止には必需品です。

|

« ロボット生活 | トップページ | 6月20日はマッドマックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59560339

この記事へのトラックバック一覧です: ビックフィンキットの改良:

« ロボット生活 | トップページ | 6月20日はマッドマックス »