« 判決直前 | トップページ | 裁判官よ神様は見てるよ。 »

2015年4月21日 (火)

不当判決

判決が出ました。

判決主文

1 原告の請求を棄却する。

2 起訴費用は、原告の負担とする。

判決理由をざっくり言うと、

新品同様鉄板で滑ったのは認めるよ。

縞鋼板の様な滑り止めを施した鉄板で工事が行われることはない。(これは示談交渉の際に、被告が提示した判例に対して、そういう工事があったならそうするべきだろと言っただけ。しかも、そこ判例自体がでっち上げ。)

敷鉄板上でのスリップが原因と思われる事故は、今年度を含めで過去10年余りで、本件を除き、1件だった。(本件事故の様に新品鉄板ではない。新品鉄板を使用することが異例。俺は初めから本件事故において錆びた中古鉄板を最低でも使用していたならば、この事故は防げたと主張を繰り返していた。)

敷鉄板にアスファルトを鋪装をする場合にも相当の増額が見込まれる。(俺、元鋪装屋ですが大した額ではありません。仮鋪装ですから。それとも安全に金はかけられないってことですか?)

本件事故現場は、特段な事情がない限り、急発進、急加速、急減速、または、急停止する箇所とは考え難く、そうすると、同付近での交通事故が発生する可能性は極めて少ないと言うべきである。(あのう、ただ走っただけで滑ったんですけど。)

比較的交通量の認められる本件工事において、本件敷鉄板を設置した期間、本件事故以外、交通事故が発生していない。(冬の訪れが近い秋に敷いて、春に事故が起きた。バイクシーズンオフで事故現場を走ったバイクは極めて少ないし、冬の期間は通行止めだよ。おまけに雨の日にバイクを乗るライダーはもっと少ない。おまけに近くに新しい道路が出来て通れるか分からない本事故現場を通る必要はない。ちなみに俺は地元民じゃないんで新しい道路が分からなかった。)

原告は、本件工事現場には表面にペイントが確認できるほどの新しい鉄板は滑走しやすく、このような敷鉄板を使用したこと自体が通常有すべき安全を欠いているなどと主張するが、それを認めるに足りる証拠はない。(実際に中古鉄板なら全く滑らないことを実況検分で証明しましたが。水に濡れたつるつるの鉄板が滑らないなんて、どうすれば言えるのか?)

以上のとおり、本起訴費用請求は理由がないからこれを棄却し、起訴費用の負担につき、民訴法61条を適用して、主文のとおり判決する。

秋田簡易裁判所
裁判官 三 好 広 治


県庁に都合の悪い証拠は全部無視されました。
すぐに控訴します。

|

« 判決直前 | トップページ | 裁判官よ神様は見てるよ。 »

コメント

頑張って下さい。
いつもROM専ですが、応援してます!

投稿: 農機具屋 | 2015年4月21日 (火) 17時31分

ふざけてますね。
裁判所もグルなんじゃないかと思いたくなります。

投稿: 桜華 | 2015年4月21日 (火) 18時47分

はじめまして
カブ乗りです

ピーキーさんのblogを知ってから
ROMではありますがFANです
独創的かつ画期的な貴殿の思想は
素晴らしいと思います

ただ…今回の裁判、判決は
予想通りでした

ピーキーさんは、雪道での走行動画を
自慢気にアップされていますが
この動画を裁判官が見てる見ていないは
別にして
貴殿が自分の運転技術を自慢し
道路交通法を逸脱した運転をしていることは
明らかです

鉄板転倒事故当時
『普通に走ってただけ』と
主張されていますが
どうやって証明したのですか?

最高裁までは
行けないと思います

投稿: カブ乗り | 2015年4月21日 (火) 21時41分

私もカブ乗りさんの意見と同じ最高裁は無いですね。そもそも公道でのオーバースピードを出しているにも関わらず裁判の時にはその事は伏せているのはどういう事でしょうか?ご自分の有利な発言だけでは所詮同じ事ですよね。引き際は大事です・・・ご自身が全て正しい訳ではありません!

投稿: 一騎当千 | 2015年4月21日 (火) 22時01分

しんだらよかったのにね

投稿: | 2015年4月22日 (水) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/59721260

この記事へのトラックバック一覧です: 不当判決:

« 判決直前 | トップページ | 裁判官よ神様は見てるよ。 »