« 闇鍋 | トップページ | 波怪、神の手に掛かる。 »

2015年9月13日 (日)

8年ぶりのウィリー

BMW F650GS DAKARを購入して、久しぶりにウィリーがやりたくなった。

一番簡単なパワーウィリーから始めたが全然フロントが浮かない。

今まで乗ったビックバイクの内、一番重く(30~50キロほど)、一番パワーがない。(50馬力)

そんなんもんで、DAKAR用のウィリー方法の発見を試みた。

まずは、クラッチを切り、アクセルを一回煽る。

アクセルを戻した瞬間にハンドルを下に押してフロントサスを縮め、縮んだサスが伸びと同時にクラッチミート。

あとはこまめにアクセルを煽るとウィリーが続き易い。

でも、パワーウィリーって回転リミッター付きのエンジンだと、途中でリミッターが利いてガクッとフロントが落ちるんで、バランスでウィリーが続き易い状態に持っていくのが難しいんだなぁ。

今まで乗ったビックバイクの中で、こんなにやり難いのは初めて。

でも以前に雨の中でウィリーしようとしたら全くフロントが浮かなかったが、今日は雨の中で70メートルくらいは浮かせてコーナー手前にフロント着地させてコーナーを曲がれました。

ここら辺は昔取った杵柄です。

以前乗ってたビックバイクは時速60~80キロからパワーウィリーが開始できたのに、DAKARは40キロ以下からでしかウィリーできない。

これでは、高速追い越しウィリーができないじゃないか。

でも、許す。

バイクスタントやってる頃は延々とウィリーできたのに今は見る影もない。

|

« 闇鍋 | トップページ | 波怪、神の手に掛かる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/61590696

この記事へのトラックバック一覧です: 8年ぶりのウィリー:

« 闇鍋 | トップページ | 波怪、神の手に掛かる。 »