« 第四の刺客 | トップページ | 泣けるバイク映画 »

2015年10月 6日 (火)

行政の理想像

いつかの774ライダーさん、そして名無しさん、コメントありがとうございます。

いつかの774ライダーさん、休んでいた期間中に放電せずに充電できたので勢いがあるみたいです。

常にコアな馬鹿話を書きたいと思ってますよ。

名無しさん、本来であれば名無しコメントは無視&削除なのですが非常に興味深いコメントだったので、それに対してお答えしたいと思いました。


人間の身体が健康であれば、何らかの異常で癌細胞と化した細胞を正常な細胞が排除します。

行政も同じ様に悪性化した組織を正常な組織が排除または正常化に導かなければなりません。

しかし、各行政に悪性化した組織を発見する仕組みができてないのです。

これは政治の怠慢です。

古くからの伝統の如く繰り返されてきた事と言えます。

一般市民が被害を受けたら正常な組織に訴えて悪性化した組織を直すのが今現在の行政の姿です。

その為にある組織ですから利用しないと勿体ない。

そうでなければ何のためにある組織ですか?

毒には毒とまでは言いませんが、毒を吐き続ける県庁建設部に他の正常な役所の人間が働き掛けるのは行政の理想像と言えるでしょう。

本当なら役所同士でお互いに監査しあえば良いんでしょうけどね。

役人は何も生産していません。

生産者が税金を払う代わりに、その税金を有効利用する術を取り仕切っているのですから俺の相談にも応えてもらわないと。

当然の権利ですね。

|

« 第四の刺客 | トップページ | 泣けるバイク映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/61932519

この記事へのトラックバック一覧です: 行政の理想像:

« 第四の刺客 | トップページ | 泣けるバイク映画 »