« 今年も野芝の苗蒔き | トップページ | 訓練 »

2015年10月20日 (火)

革ジャンについて

おはようございます。

今朝、夢の中で息子達を抱きしめて号泣したピーキーです。

けっ、俺にも人の血が一応流れてんだなと思った。

実の息子達を平気で復讐の道具にできるクセにおかしいね。

つー訳で、朝から気分が最低なんですが、仕事に行く前にインスタントコーヒーを飲んで気分を切り換えます。

で、ここからが本題。

俺は定期的に革ジャン類(革ベスト含む)を着て出掛ける。

別にバイクを乗らなくてもだ。

なぜかって?

それは革ジャンは定期的に着ないと似合わなくなるからさ。

革ジャンってさ、やっぱり普通の服とは違うんで目立つ。

似合う、似合わないって他人が決めることなので、たまに着てせめて自分の行動範囲の中で出会う人達に、「この人は革ジャン着る人なんだ。」と認識してもらう。

すると、俺=革ジャンを着る人と認識される。

しかし、極稀にしか着ないと、「あれ、この人こんなの着てる人だっけ?」となって、違和感ができてしまう。

だから定期的に革ジャンを着て、自分の行動範囲で会う人に革ジャンを着ている俺を常に覚えさせておく。

俺は昔から女性に布ツナギがメチャクチャ似合うとよく言われる。

それはそうだろう、俺の戦闘服(仕事着)だもの。

でも、革ジャンは自分とって特別な服です。

若い頃は特注した革ジャンを来てました。

一年中着て何年も過ごしたらボロボロになり廃棄することに。

最近は何着かをローテーションすることで長く楽しもうと思ってます。

革ジャン最高!

|

« 今年も野芝の苗蒔き | トップページ | 訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62130399

この記事へのトラックバック一覧です: 革ジャンについて:

« 今年も野芝の苗蒔き | トップページ | 訓練 »