« 骨格 | トップページ | ベースタイヤが(やっと)届いた。 »

2015年10月31日 (土)

持ってかれる。

バイクスタントをやっている者が一番嫌うこと。

『持ってかれる。』

スタントのイベントで一人のライダーがやった技の印象が強烈過ぎて、他のライダーがやった演技を観客が忘れてしまう状態を指していう言葉。

正確に言うと、「美味しいとこ全部持ってかれる。」です。

そんなことがスタントのイベントでは度々起こる。

だから主催者がスタントをやるライダーだったりすると、「お前目立つなよ!」と釘を刺されることも。

最近のバイクスタントはフィギアスケートみたいに音楽を合わせて演技する感じになってるが、それ以前は一つ一つの演目を作って、それを順番にやっていく感じだった。

俺はグレッグ・ジョーンズってハーレーとビュエルでスタントやってるライダーのファンでした。

演技も彼を参考にしてましたね。

そして、俺がバイクスタントをやっていた当時はまだ珍しかったコンボ技(連続技)を取り入れてました。

得意技はオンザシート(シートの上に立つ)ウィリーでキャンキャン(左足を右足の前に出して組む)からフラミンゴ(左足を後方に伸ばしたポーズ)からのナックナック(右足を左足の後ろに組む。)、それから最後にストッピー(後輪を浮かせて前輪だけで進む。)でした。

驚くことに当時はぼちぼち使われていた左手リアハンドブレーキ(クラッチレバーの下にリアブレーキレバーを新設)を使わずに時速80キロ程度の速度でやってました。

今になって考えると恐怖でいっぱいです。

だって、ヤバいって時の保険がないんですよ。

本当にバランスだけで何とかしてた。

怖いですねぇ。

まぁ、最終的には俺も左手リアハンドブレーキを装着したんですけどね。

そんなこんなで当時の俺はとにかく目立ってた。

俺よりも高等なテクニックを持つライダーも多かったが、観客は派手な方に釘付けになるんだよ。

だってスタントってさ、結局は目立ってナンボなんだもの。

日々その方法の研究してた。

難易度の高い技をマスターすることよりもね。

油断してたらみんな持っていきます。

昔話ですみません。

|

« 骨格 | トップページ | ベースタイヤが(やっと)届いた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62295119

この記事へのトラックバック一覧です: 持ってかれる。:

« 骨格 | トップページ | ベースタイヤが(やっと)届いた。 »