« 根性ウィリー | トップページ | カブの国 »

2015年10月 6日 (火)

龍と竜

ドラゴン。

漢字に直すと、龍と竜。

同じ様に見えるが全く違う。

龍はアジア圏で使われる。

龍は水辺の守り神。

神様なんで人と会話ができる。

ジャッキー・チェンは成龍って中国語で名乗ってる。

努力でアクションスタントの神様になった彼にはピッタリ。

そして竜。

ヨーロッパ圏で使われる。

これは怪物だ。

意思表示はできるが会話はできない。

恐竜の竜は怪物を表す。

この竜を芸名に使う人はヤクザ映画で見るね。

俺も若い頃にファンでした。

似て非なるもの。

ドラゴンボールの神龍は、神様と守り神が名前についてるからどんだけ凄いんだって話だ。

実家に古い巻物があって、龍の絵が描かれてる。

戦後に行商が売りに来て、何人も龍の巻物を買い求めたが行商は売らなかった。

「龍が望んでいないから。」

そんな理由だと、祖母から聞いた。

祖母が何気無くその行商の前を通ったら、「貴女、貴女ところに行きたいと龍が言っている。」と言われて、たまたまその時に仕事で稼いだお金を持っていた。

行商が何度も「是非、貴女に買ってほしい。お願いします。」と言われて買ったのが実家にある龍の巻物。

子供の頃は、巻物の龍の目が怖くてまともに見れませんでした。

いつかあの巻物を俺の自宅に飾りたいな。

|

« 根性ウィリー | トップページ | カブの国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/61924677

この記事へのトラックバック一覧です: 龍と竜:

« 根性ウィリー | トップページ | カブの国 »