« 若い頃のジェームス・ブラウン | トップページ | 裁判所に行くよ »

2015年11月22日 (日)

拝啓MAZDA様

クリーンデーゼルで技術力を再評価されているMAZDA。

なんとロータリーエンジンの復活再販をするらしい。

このブログでなんども書いたが、

「ユーノスロードスターにロータリーエンジン載せてくれ!」

やっぱり以前にも書いたが、一度ユーノスロードスターを買おうとしたことがあった。

ある日、交差点の信号待ちで横に並ぶ白いユーノスロードスターと白いRX-7カブリオレ(オープンカー)の2台。

ユーノスロードスターがオモチャに見えてしまい、購入を断念。

その後、MAZDAデミオで峠でGTRなんかをぶっちぎってたよ。

デミオはコーナーが速かったぁ。

ユーノスロードスターに搭載しないなら、せめてオープンカーにしてくれ。

かつての夢のエンジンとオープンカーの組合せは最強のステータスでしょう。

まだ分からんかMAZDA。orz

|

« 若い頃のジェームス・ブラウン | トップページ | 裁判所に行くよ »

コメント

お晩でございます。確かにマツダのアイデンティティはロータリーエンジンですが、ロードスターオーナーであるワタクシの視点から見れば4気筒を積んだからこそ“ロードスター”に成り得たと思います。適度なアンダーステアリングと非力なエンジン、1tを切る車体は誰でも乗れる様に設計(ドアミラーはタンクトップを着た女性の肩を冷やさない様な位置に配置)した技術者と市場を切り開いたマツダの真骨頂を垣間見た工業製品ですよ~。乗り味が英車そっくり(ケーターハム・スーパー7を超マイルドにした感じ)で、イギリスのエンジニア達が「私達の設計思想は間違いではなかった」と歓喜したと言う話しは“最も売れた2シーターオープンカー”としてギネスに載った時に出たそうです。

ロータリーエンジンの特徴はコンパクトで排気量の割にハイパワーな事にある訳ですが、クルマの歪みは単体部品が重い部分に引っ張られる特徴が在りまして、軽量なオープンボディだと補強に次ぐ補強を入れないと耐久性が落ちる(エンジンではなく別の重い部分に歪みが出る為)って話しで、やりたくても無理が有ったのかもですね。
次世代のロータリーエンジン搭載車は私も超期待しています!!。

投稿: 平社員 | 2015年11月23日 (月) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62633116

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓MAZDA様:

« 若い頃のジェームス・ブラウン | トップページ | 裁判所に行くよ »