« 今朝の夢 | トップページ | ケチくさい話 »

2015年11月21日 (土)

神はいると思う、だが俺に必要ない。

さっき、キリスト教の人が男女二人して自宅に訪問。

布教活動ってやつですね。

俺はいつもの様に言った。

「神や仏はいると思う。
いや、いてほしい。
だが、俺には必要ありません。
俺はいつも死に対しての覚悟をしておりますので、神に頼らなくても結構です。
宗教の必要性は分かっております。
皆が強い人ばかりではないですから、そういう人に支えは必要です。
この世界で平等と言えることはたった1つ、生まれたら死ぬということです。
しかし、私の亡くなった家族に死を恐れるばかりに嘆き悲しんだ者は誰一人おりません。
残された家族を思えば、それはできないでしょう。
皆、自分が道を示すつもりで毅然として死を迎えた人ばかりですよ。」

すると、男性が聖書を取りだし、気の利いた言葉を俺に教えようとする。

俺は言う、「他人から教えてもらうアドバイスって、実は悩んでる本人も半分答えが分かってるんですよ。
ただ、分かってるいても一歩踏み出す勇気がほしいから聞くんです。
それに他人が言う言葉は必要とされていなければ糞の役にも立ちません。
武田鉄矢さんて知ってますよね?
武田鉄矢さんは博学で色々なことを知っていますが、彼の話で役に立った話はたった1つ。
オシッコをする時につま先立ちになるとオシッコの切れが良い。
ただそれだけ。
つまり、困っていることにはその解決法だけが役に立つ訳です。
人間は自分で答えを探すことが大事なんですよ。
人生一生涯勉強です。
今の私に必要なものは『金』だけですね。(不景気ですから。)」

そこまで言ったら、おずおずと帰っていきました。

訪問にパジャマで対応したのが、ちょっとカッコ悪かったかな。

|

« 今朝の夢 | トップページ | ケチくさい話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62611832

この記事へのトラックバック一覧です: 神はいると思う、だが俺に必要ない。:

« 今朝の夢 | トップページ | ケチくさい話 »