« アウテックスマフラーの手直し | トップページ | 県庁建設部の公務員職権濫用罪証拠ビデオの説明文 »

2015年11月 9日 (月)

学校の責任

学校ってさ、単なる入れ物ではなく小さな社会なんだよね。

その中でまた子供達が独自の社会を作ってる。

なんかのトラブルが学校で発生した場合に学校ができる事って、トラブルを起こした子供の処分くらいしかできない。

勿論、授業中の事故はまた別。

校内でのいじめや校外のサークル活動でのレイプ事件。

これらは反社会的行動なのだから、社会に送り出す学校が厳しく対処しなきゃ。

「学校は一切関係ありません。」なんてのは通用しない。

犯罪で被害が出たら、すぐに警察に報告する。

「警察なんて大袈裟な。」これが一番悪い。

俺の経験上、この言葉を言った奴は必ず後で後悔します。

そして、後悔してる時には周りからボッコボコに叩かれます。

嘘ではありませんよ。

分が悪いと感じたら、さっさと責任を取る(原因を作った者を処分)のが最善の解決方法なんです。

原因となった子供は、悪いことと知っててやってます。

知らないなんて言わせません。

この情報化社会で。

知っててやってる奴を更正させるのは、警察と刑務所の役目です。

こんなこと提言しても国家公務員には無理かぁ。

バカだな俺も、無理な話をして済みません。

|

« アウテックスマフラーの手直し | トップページ | 県庁建設部の公務員職権濫用罪証拠ビデオの説明文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62434905

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の責任:

« アウテックスマフラーの手直し | トップページ | 県庁建設部の公務員職権濫用罪証拠ビデオの説明文 »