« ヤベェ | トップページ | 涙が止まらない »

2015年11月23日 (月)

食べ応えの科学

平社員さん、コメントありがとうございます。

弁護士は依頼者の嘘が困る商売らしいですが、依頼者の嘘が分かると前金貰ってさっさと依頼を断ります。

どぶでけし(ずる賢い奴の秋田弁)です。

初めから嘘だって分かってた癖に。

ロータリーエンジンのユーノスロードスターですが、

細けぇことはいいんだよ。

パワーを絞って車体に合わせれば超絶軽いスポーツカーの出来上がり。

いっそのこと、排気量を軽自動車相当にしてターボをガンガン利かせ、ホンダ・ビートをぶっちぎるのも面白いでしょうね。


数日前に実に面白いことが起こった。

焼肉がちょっぴり残ってたんで、丼の温かいご飯に丸美屋のすき焼きふりかけを振り掛けてから焼肉をon。

そしたら、まるで丼全体が焼肉になった様な食べ応え。

なんで?

考えた結果、おかずとご飯の味が近づくと、味は多少ボヤけるがご飯もおかずと脳が錯覚を起こすらしい。

そういえば、モスバーガーのテリヤキチキンバーガーもテリヤキの汁がパンに染みて似た様な感じになるね。

俺、知り合いに中華料理のプロがいて、その人の作るチャーハンが恐ろしいほど美味しくて、チャーハンおかずにご飯を食べたことがある。

大満足でした。

食べ応えを上げるには、料理全体の味を皆同じに近づければよい。

牛丼を汁だくにして食べるのには、そんな理由があるのかも。

昼御飯は、自家製米のレバニラ丼です。

と、いう訳で汁だくにしていただきまーす。

|

« ヤベェ | トップページ | 涙が止まらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62642360

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ応えの科学:

« ヤベェ | トップページ | 涙が止まらない »