« 洋楽 | トップページ | 妖怪が死んだ。 »

2015年11月30日 (月)

愉快、愉快。

おそらく、今週中に秋田地方裁判所から俺が県庁建設部を訴えた訴状が県庁に届くだろう。

どんな顔をするかねぇ。

それを考えるだけで愉快、愉快。

なんたって犯罪の慰藉料請求だからなぁ。

なんかの間違いだなんて言い訳聞きませんよ、証拠は山ほどあるんだから。

案外冷静に、「ふ~ん、あそう。」だったら嫌だな。

県庁の裏の権力発動させる?

裁判官指定の不合理判決。

秋田にはないって言えないからな同じ日本だし。

アメリカでは過去に冤罪で死刑にされた人が少なくなくて、死刑執行後に無罪判決が出たケースが多い。

死刑になったら無駄だろうと思うが、死刑囚の遺族の名誉回復の為に行うとか。

日本の裁判でも冤罪はあり、無実でありながら死刑になった人もいる。

日本は後の祭と死刑執行後は終わったものとして、遺族の異議は一切認めない。

これが日本。

最高裁の判決は何がなんでも正しいとせねばならない。

これが良い訳ないじゃない。

どう、裁判官って泥臭いでしょ。

良い面、嫌な面を兼ね備える人間に平等公正な判決はあり得ない。

機械的に原告と被告の主張を見て判断するのが理想です。

人間的な温情判決もありがたいが、そもそもマトモな判決を出さないことが多いからありがたがられてるだけだろ。

今度の裁判官は中立な人を望みます。

|

« 洋楽 | トップページ | 妖怪が死んだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62745568

この記事へのトラックバック一覧です: 愉快、愉快。:

« 洋楽 | トップページ | 妖怪が死んだ。 »