« 拝啓 あだち充先生 | トップページ | 雨の野郎! »

2015年11月 3日 (火)

年齢を感じた言葉

もうすぐ生まれて半世紀。

自分では若いつもりでも、やっぱり年齢を感じます。

特に感じるのは言葉づかい。

「○○○じゃね?」

これ。

あの語尾が上がる独特の喋り方。

断定なのか、疑問なのか、相手の返答によっては自分の意見もフレキシブルに変化させて、相手同調を試みようとするイヤらしさが見え隠れする。

これだけは自分では使えないし、使わない。

何より似合わない。

年配の奴がこの喋り方してると軽蔑してしまう。

俺も年取ったなぁ。

普段、気合い入れて生活し過ぎてんのかな?

トイレで用を済ませる時も気合い入れるし。(ハアッ!とか。 カメハメ波かよ。)

もうちょっとリラックス、リラックス。

|

« 拝啓 あだち充先生 | トップページ | 雨の野郎! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62341618

この記事へのトラックバック一覧です: 年齢を感じた言葉:

« 拝啓 あだち充先生 | トップページ | 雨の野郎! »