« 夜空の星 | トップページ | 肉離れの応急手当て »

2015年12月 9日 (水)

役者

おはようございます、ピーキーでっす。

今朝は、肉離れを起こした足の応急手当てが良かったせいか、あんまり痛まずゆっくり寝れました。

あかげで見た夢も、強烈でしたね。

夢は2本立て。

1本目は、俺が役者になる夢。

先の戦争でソ連軍から捕虜にされて強制労働。

戦後に日本に帰ってきてヤクザになり、敵対する組のヤクザと一対一でピストルの撃ち合いになり相討ちして、何故か池の中に沈んで行く役をやる俳優になってました。

監督が、「この顎が良い。原作の絵と同じだ。(原作はマンガらしい。)」とやけに気に入って何度も俺の顎を触ってました。

2本目は、欲望に素直過ぎる男の夢。

その男の暮らしを近くで見てる夢でした。

その男は喧嘩が強く度胸もある。

しかし、ケチで、タダで抱けるなら男でも女でも構わないという変態。

スケベなことしながら食事もしたがる異常な性格に呆れました。

前半は、お笑い芸人の春日さんでしたが、途中から昔よく見た脇役俳優に変わって、恐ろしさがアップします。

あんなの実際にいたら恐怖だなと、起きてから頭がクラクラしましたよ。

朝のコーヒー飲んだら仕事です。

俺、足が痛むけどちゃんとクルマの運転できるかなぁ?

まぁ、無理せず頑張ります。

|

« 夜空の星 | トップページ | 肉離れの応急手当て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62882078

この記事へのトラックバック一覧です: 役者:

« 夜空の星 | トップページ | 肉離れの応急手当て »