« 付審判請求書完成 | トップページ | 一休み »

2015年12月11日 (金)

いざ、検察庁

さっき、検察庁から出てきました。

なんかそう書くと、またヤバイことでもやったのかコイツと思うかも知れませんが、もう、昔の俺ではありません。

付審判請求をしてきました。

守衛に、「付審判請求にきました。」と伝え、氏名を名乗って控室へ。

この世の終わりみたいな顔をした女性と不景気そうな顔を男性が離れて座ってました。

俺は、ワクワクした顔で混じります。

しばらくして、神妙な顔した検察官が2名迎えに来ました。

隣の別室へ。

そこで付審判請求書を渡し、中を確認してもらいます。

不備はない様なのでそのまま提出してきました。

なんかさぁ、どこのVIPを相手にしてるかみたいな感じで、全然態度が違うのな。

これって、そんなに大変なこと?

まぁ、神田正淑検事の悪口は物凄く丁寧に書いときましたけどね。

「お前は犯罪者の腰巾着かよ。」に近いこと書いときました。

まぁ、その通りなんですけどね。

さて、改めて捜査をする弁護士はどんな奴なんでしょう。

前にお世話になった弁護士だったら笑うな。

|

« 付審判請求書完成 | トップページ | 一休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/62916093

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、検察庁:

« 付審判請求書完成 | トップページ | 一休み »