« 衝撃な事実 | トップページ | 探してた方法 »

2015年12月30日 (水)

正義とはなんぞや

たけなおさん、コメントありがとうございます。

まさにその通りのことがまかり通っています。

誰かが、「それはおかしい!」と指摘しなければなりません。

マトモな神経ではとても堪えられませんね。

俺はマトモじゃないので何とかやれそうです。

無頼漢の俺が、何でか県道の工事現場で怪我して、「これは危ないだろが!」って県庁に文句を言ったら、「保険で補償します。」と言われてその気になって示談交渉で嘘八百つかれた。

頭にきて裁判したら裁判所は俺の出した証拠を無視して訴えを棄却(認めない)。

秋田地方裁判所に控訴したら、裁判長が俺の証拠書類を見て気の毒がって県庁に示談を勧めるも拒否。

俺は裁判長の態度を見てやる気を出して、更なる証拠を探して提出。

更なる証拠で、県庁が何の目的で嘘八百をついたかも分かり秋田地方検察庁に告訴。

告訴したことで裁判所も判断を方向転換して判決を出すことになった。(判決は来年1月22日午後1時15分から。)

判決を出す前に裁判長から和解を勧めるも県庁はまた拒否。

告訴は県庁の力により放置され、頭にきて検察庁の最高機関までクレームを言ってやっと捜査開始。

一日で捜査終了。

全ての罪を認めながら不起訴処分という時代劇みたいなことを本当にやりやがった。

ろくでなしの俺だから公務員が俺を騙しても大丈夫って理屈なのか?

じゃあさ、ろくでなしの家を詐欺で騙し取ってもそれは正義か。

違うだろ!

前もって、検察庁なんか当てにならんと民事で公務員職権濫用の損害賠償請求の訴えを秋田地方裁判所に出しといた。

ろくでなしにも生活がある。

公務員だけじゃない。

ろくでなしの罪はすぐに罰するが、公務員はそうはいかないなんておかしいだろ。

新たに公訴した虚偽公文書作成等って罪は、公務員が絶対にやってはいけない罪の代表として必ず教えられているそうだ。

秋田県庁は教えてないか、昔からでっち上げの公文書を書き続けているのだろう。

罪は罪。

目には目を、歯には歯を。

罪相当の罰がある。

勝つまでやる!

来年もガッチリやる!

首を洗って待ってろ!

|

« 衝撃な事実 | トップページ | 探してた方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63223015

この記事へのトラックバック一覧です: 正義とはなんぞや:

« 衝撃な事実 | トップページ | 探してた方法 »