« つまらない話 | トップページ | 今年も »

2015年12月29日 (火)

雪道走行テクニックの話

この間の転倒のショックで雪道の正しい乗り方を思いだし、ついでにアップロードできました。

珍しくバイクテクニックの話をします。

カブは燃料タンクがシート前にありません。

増設している人はたまにいますが。

なのでコーナーリング時のニーグリップはシートで行います。

雪道ではコーナーイン側の足を出して、センサーとバランス取りや転倒防止のつっかえ棒にします。

重要なのは足を出す位置。

コーナーアウト側の足でニーグリップすると、足先がコーナーイン側を向きます。

その状態でアウト側の足と平行になる用に足を出すと、足はステップよりも後ろにきます。

もちろん、イン側の足先もイン側を向きます。

つまりコーナーリング中の足は平行立ちの様な感じになりますね。

イン側の足は路面に摺るか摺らないかの感じにしてください。

ダートトラックの様に路面に擦ってもいいですが、その場合ズルッできた時にはカウンター大会になります。

雪道では自分で故意に行うカウンター以外は無駄なカウンターです。

全然速くありません。

ズルッってきたら、イン側の足をダン!と踏みつればマシンが起きて安定を保つのが一般的です。

本音を言えば、マシンを倒さずに曲がれる様にならなければいけない。

それは何故か?

深い圧雪を走る時は長いスパイクピンを用いたスパイクタイヤを使えますが、公道ではアスファルトに積もった雪なので長いスパイクピンだとマトモに走れないか、すぐにパンクするからです。

短いスパイクピンで走る以上、スパイクピンが少しでも多く路面に接地させる為には余計なバンクは厳禁なのです。

特にフロントタイヤは四輪バギー(クワドレーサー)を乗るみたいにハンドルを切って曲がるイメージが必要です。

最小限のコンパクトなライディングフォームでスムースな走りをするのが雪道ではベスト。

見た目は地味ですが速さは派手なのでご心配なく。

間違いなく目立ちます。

|

« つまらない話 | トップページ | 今年も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63211204

この記事へのトラックバック一覧です: 雪道走行テクニックの話:

« つまらない話 | トップページ | 今年も »