« もし、検察庁が告訴を受理しなかったら。、 | トップページ | 俺はモンスター »

2015年12月28日 (月)

秋田中央警察署に行ってきた。

2回目の告訴を秋田地方検察庁が受理しない場合を考えて、秋田中央警察署に相談に行ってきました。

告訴は検察庁だけではなく、司法警察官のいる警察署でも受理できるかを聞く為です。

秋田中央警察署の建物に入り、「この建物ごと中の人を殺すには戦車2台は必要だな。」とか、馬鹿なことを考えながら待つこと10分。

司法警察官と思われる男性2名と話をしましたよ。

「とても長い話になるのですか・・・」と前置きしてから、これまでの県庁との経緯と検察庁の対応を話すと、話が商売仲間の検察庁ですから警察官の顔色が悪くなりました。

最終的に、

検察庁がダメだからこちらでという訳にはいかない。

こちらは窓口みたいなもので最終的判断は検察庁。

検察庁への苦情は検察庁の上の部署に相談するのが筋。

悪いが何の力にもなれない。

以上のことを言われました。

と、いうことは、

秋田県で検察庁が味方した奴は刑事事件では誰も裁かないってことになる。

秋田県の検察庁、警察署は行政の犯罪を誰も裁こうとしないのが現状です。

糞の周りには糞しか集まらない。

これが秋田。

|

« もし、検察庁が告訴を受理しなかったら。、 | トップページ | 俺はモンスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63194703

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田中央警察署に行ってきた。:

« もし、検察庁が告訴を受理しなかったら。、 | トップページ | 俺はモンスター »