« 審査庁を訴える | トップページ | 二日目 »

2016年1月 1日 (金)

レイプ事件の被害者、テレビで告白。

かつて、すすめ電波少年というとんでもないテレビ番組があった。

やってることを今見ればほぼ犯罪。

登場するタレントはその無理のおかげで被害にあったが、事件や事故は隠蔽されています。

有名なのが、タレントの出川哲朗さんがゲイに輪姦された事件です。

やられてもおかしくないことをテレビデレクターが無理にやらせたのが原因でした。

たしか、ゲイバーに行かせて、「私を犯してください。」と英語で書かれたプレートを持たせられたとか。

その結果、ビリヤード台の上で何人もの男達を乱暴されました。

この事件を当初、出川哲朗さんは友人数名にしか相談してなかったのですが、その友人らがテレビやラジオで話したことで事件が明るみに出ました。

そんな奴は友人でもなんでもねぇよ!

すすめ電波少年を製作した日本テレビでは、出川哲朗さんを多数テレビ番組に出演されることを所属事務所側と約束して示談したそうです。(ラジオで喋った友人談。)

そして最近になって、出川哲朗さんがテレビ番組で一緒に出演したゲイの人に、「実はある理由であなたの様な方は苦手です。」と当時の事件を番組で笑って告白。

トラウマが無くなった訳ではないが、笑って話せるくらいになったんだとテレビを見てホッとしましたよ。

俺も昔、肉体労働のおかげでマッチョになり、市民プールや温泉でその趣味の人達から視姦されたり、下着を盗まれたりしたことがあります。

あの人達って人工的に作った体よりもナチュラルな肉体美がお好みの様です。

そんなことがあって、初めて女性の気持ちが分かりました。

テレビ時代劇水戸黄門で、飛び猿役の俳優が体を鍛える切っ掛けも、アメリカ修行時代にホモを襲われる恐怖からだったとか。

なかやまきんに君は、鍛えてもやられたとか、そうでないとか噂になりましたよね。

外国は怖いよなぁ。

男も女もレイプ被害に気を付けなきゃ。

油断大敵だよ日本人。

|

« 審査庁を訴える | トップページ | 二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63259469

この記事へのトラックバック一覧です: レイプ事件の被害者、テレビで告白。:

« 審査庁を訴える | トップページ | 二日目 »