« 取り締まる法律が無いこと言われたら何にも言えんがな。 | トップページ | 一年ぶり »

2016年1月23日 (土)

シェシェシェのシェー!

おはようございます、ピーキーでっす。

昨日の棄却の判決の際に裁判長が最初に上げた棄却理由、「規制がない。」との発言は俺へのメッセージだと受け取れた。

「お前なら分かるだろ。」とね。

以前、脱法ハーブなどの危険ドラッグは、危険ドラッグ禁止法が制定されるまで罪を咎められなかった。

今回の裁判もまさにそれ。

危険な状況だったのは理解できるが、それを危険と言うには法律の後押しが必要なのだと。

県庁がやった道路工事の不備は、「シェシェシェのシェー!」状態だったけど不問とされた訳だ。

おそらく、それを俺に分からせる為に判決理由の一番最初にそれを持ってきた。

あの裁判長はかなり頭の良い人で、自分のできる最大限の仕事をしてくれたと思う。

棄却判決(訴えを認めない。)でありながら、和解案で被告(県庁建設部)にかなりの罰則を与え様としたことが、その証拠。

このまま上告しても状況は変わらないことを俺に教える為に、あの判決理由を考えたのだ。

敷鉄板での転倒事故の瑕疵を裁判で認めされることは、県庁の力が強い秋田県では無理。

しかし、法律にそれが規制されていれば話は別だ。

職権濫用の損害賠償請求は法律で禁止されていることを犯していると証明できれば認められる。

上告せずに、こっちをメインに集中してやる方が良いのではないかと今朝思った。

行政側に出来るだけ味方しなくてはならない裁判所の中で、あれだけのことをしてくれたと裁判長に感謝します。

気分を切り換えて法律で裁ける裁判だ!

シェシェシェのシェー!

|

« 取り締まる法律が無いこと言われたら何にも言えんがな。 | トップページ | 一年ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63597506

この記事へのトラックバック一覧です: シェシェシェのシェー!:

« 取り締まる法律が無いこと言われたら何にも言えんがな。 | トップページ | 一年ぶり »