« 付審判請求書を書き終えて。 | トップページ | これから裁判所に行きます。 »

2016年1月18日 (月)

SMAP解散騒動について思う

俺、何気にSMAPのファン。

まぁ、メンバーによる熱狂度は違うけど。

稲垣吾郎さんの映画『十三人の刺客』での悪役ぶりは最高でした。

木村拓哉さんの映画『武士の一分』は大好きです。

草なぎ剛さんの映画『BALLAD 名もなき恋のうた』はよかったぁ。

ごめん、中居さんと香取さんはSMAPとして大好きです。

なんか解散するとかしないとか、所属事務所から独立するとかしないとか、色々マスコミで騒がれてますね。

今のマスメディアの主役はまだまだテレビ。

テレビ業界で干される一番の理由は、元いた所属事務所にテレビ局側が遠慮して仕事をくれなくなるから。

なんたって相手はジャニーズ事務所だよ。

解散するにしても、ジャニーズ事務所に所属しながらの解散なら飯の食いっぱぐれはない。

初めは5人での独立を考えたらしいが、木村拓哉さんが拒否したらしい。

なんでも、人気絶頂期に工藤静香さんとの結婚を許した恩義があるからだとか。

木村拓哉さんは義理堅い人だってのが、普段のキャラクターからもよく分かる。

どんなギクシャクがあって解散って話になったかは知らんが、解散独立で誰も喜ばないって事実が分かって騒動も治まってきた様だしホッとしています。

存続は決定みたいだし。

木村拓哉さん主演の映画『無限の住人』の撮影が終了しました。

映画の撮影で木村拓哉さんは、幹膝靭帯を痛めたらしいですが、これからもリーダーじゃないけどリーダーシップを発揮してほしい。

なんかさぁ、ジャニーズ事務所の所属グループってさ、リーダーの至らないところを他のメンバーがカバーしてる感じが良かった。

SMAPにはそれがない様に思える。

メンバーの人気度は違えども5人とも主役なんだよね。

願わくば、もう1度稲垣吾郎さんのド畜生ぶりを発揮した悪役が見てみたい。

SMAP解散反対派のピーキーでした。

|

« 付審判請求書を書き終えて。 | トップページ | これから裁判所に行きます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63520888

この記事へのトラックバック一覧です: SMAP解散騒動について思う:

« 付審判請求書を書き終えて。 | トップページ | これから裁判所に行きます。 »