« 出産祝い | トップページ | アンチピーキーの話 »

2016年2月13日 (土)

なるべく最高の状態で走りたいじゃない。

自分の乗ってるマシンはなるべく最高の状態で走りたいじゃないですか。

俺は常にそう思ってる。

タイヤも良いタイヤにしておきたい。

エンジンもスムーズに回ってほしい。

人生で感動する走りって何度もない。

何よりバイクに乗ってる時にタイヤが滑ったりは論外。

常にグリップさせる走り、グリップするタイヤを履く、前へ前へマシンが進むのが俺が好きな走り。

俺はね、常に美味いもの食って生きたんだよ。

「バイクで最高のチューンナップは?」と聞かれたら俺は、「良いタイヤを履くこと。」と答える。

なので、雪道はフロントはピン増し市販スパイクタイヤでリアはフルピンタイヤ。

今年の夏タイヤ(北国の人はスノータイヤでないタイヤをこう呼ぶ。)は、フロントがチューブタイプのタイヤ(スピードライン501)で、リアはチューブレスでキャストホイールで行きます。

ミシュランのチューブレスタイヤはタイヤバランスが悪くてチャタリングの嵐。

そこでフロントはスピードラインにして、リアはそんなにチャタリングに影響しないのでパンクに強いチューブレスにする。

前後でスポークホイールとキャストホイールに分かれるのが、昔の下手な改造みたいで気に入らないが実用性を考えるとベストかなと。

オフロードバイクだと、フロントがチューブタイプでリアがチューブレスタイプのモデルが結構ある。

波怪はどんどん怪しくなるなぁ。

ダカールには、フロントにアメリカンのタイヤを履かせちゃうよ。(詳しくはまた後で。)

|

« 出産祝い | トップページ | アンチピーキーの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63936463

この記事へのトラックバック一覧です: なるべく最高の状態で走りたいじゃない。:

« 出産祝い | トップページ | アンチピーキーの話 »