« 電熱線シールド修理 | トップページ | 清原の逮捕 »

2016年2月 2日 (火)

冬用タイヤの空気圧

超長さん、コメントありがとうございます。

超長さんのカブ110はリコール後のバイクだと思います。

対策部品が組まれてますから、大丈夫なんでしょう。

それとも乗り方が良いのかなぁ。

多分、両方ですね。


俺の波怪の冬用タイヤは、フロントがボンソン(2.50-17)にピン増し(160ピン)、リアがオフロードタイヤにフルピン(252ピン)です。

スパイクピンの数が多く、グリップが良いので空気圧は2キロにしてます。

ちなみにグリップは市販スパイクタイヤとフルピンを比較すると、圧雪路面では差が少ないですが、凍結路面だと天と地の差があります。

シャーベット状の雪路面だと、ほとんど差はないですね。

ザラメ状の雪路面だと、市販スパイクタイヤはキツいです。

俺が空気圧を高くする理由は、ホイールのリムとタイヤのズレによってタイヤチューブが裂けるのを防止する為です。

市販スパイクタイヤはグリップをさせる為に空気圧を低くしますが、その場合はリムとタイヤがズレないように細工をしないとパンクします。

田沢湖カブ・ミーティングでカブりんごさんと大将さんがパンクした理由はこれです。

ビートストッパーを新設したり、リムのビート部分に木ネジを刺してビートを固定したりしてタイヤのズレを防止することがパンク防止となります。

俺的には、市販スパイクタイヤで空気圧が高くてもタイヤのグリップに特に変化は感じませんでしたが、トラクション(タイヤ駆動力)を掛けるテクニックの有無でグリップに差が出るので、空気圧を低くして走る時にはタイヤのズレを防止してください。

|

« 電熱線シールド修理 | トップページ | 清原の逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/63761687

この記事へのトラックバック一覧です: 冬用タイヤの空気圧:

« 電熱線シールド修理 | トップページ | 清原の逮捕 »