« 朝風呂 | トップページ | ピーキー爺 »

2016年3月24日 (木)

北野映画

俺的に北野武監督の最高傑作は、『この男凶暴につき』でした。

はい、昨日までは。

それがねぇ、あっさりと変わっちゃいましたよ。

レンタルDVDで借りて見た任侠コメディ映画とも言える『龍三と七人の子分たち』は、芸人ビートたけしと北野武監督の両面の良さが滲み出てますね。

映画を見て久しぶりに大笑いしましたよ。

もう、何十年ぶりかな。

狂気以外で笑ったの。

ラストの主人公、龍三のセリフはまるで落語のオチでしたし。

流石の一言です。

これは面白い。

|

« 朝風呂 | トップページ | ピーキー爺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/64614369

この記事へのトラックバック一覧です: 北野映画:

« 朝風呂 | トップページ | ピーキー爺 »