« 聞いてみた。 | トップページ | デュアルパーパス »

2016年4月10日 (日)

決定打

日清のテレビCMで苦情が炸裂したとか。

原因は、『矢口る(不倫する)』という言葉さえ誕生した矢口真里さんの出演。

製作者の心情を疑いたくなる様なコマーシャルだった。

多数の有名人を出演させて前向きな姿勢を表現しようとしたらしいが、矢口真里のシーンはヤバかった。

矢口真里さんを大学の講師に招いて、『二兎追う者は一兎も得ず。』と訴えかけた。

あのなぁ、日本の諺には反対の意味の諺があるのよ。

『一石二鳥』みたいにね。

矢口真里さんの場合は、一石二鳥を目指して、その結果が二兎追う者は一兎も得ずではないからね。

矢口真里さんは、単なる貞節の契約違反。

旦那さんとの結婚という契約を勝手に裏切っただけだから。

その行為について、失敗から学ぼうなんて話にしたら、そりゃあ怒られるわ。

只でさえ、不倫するのはゲスな行為と見なされる風潮なのに、あれは火に油を注いだねぇ。

あのCM作った人は、暫く陽の目を見ないと思うよ。

不倫を応援する様な奴は皆ゲス認定。

今後、矢口真里をコマーシャルに使ったりする企業は皆無だね。

その内、テレビからもそっと消えていくことだろう。

全然可哀想ではない。

|

« 聞いてみた。 | トップページ | デュアルパーパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/64903027

この記事へのトラックバック一覧です: 決定打:

« 聞いてみた。 | トップページ | デュアルパーパス »