« 真冬のバイク日本一周 | トップページ | これで良いのか? »

2016年6月 6日 (月)

松田優作説

先月、俺がBBQで楽しんでる時に近所の家に救急車が来た。

それから何時間も停まったまま。

そこんちのお爺さん(俺の同級生の親父)が自殺したらしい。

親戚中で、「この忙しい田植えの時に。」と顰蹙をかったそうだ。

正直、人は死んだらどうなるんだろう?

最近の俺は松田優作説を信じてる。

松田優作さんの墓には、たった一言『無』と彫っているとか。

松田優作さんは、人は死んだら無に帰ると生前に考えていたそうだ。

何となく最近の俺も、そう思えてきた。

ただそれだけの話。

こればかりは死んでみないと分かりません。

|

« 真冬のバイク日本一周 | トップページ | これで良いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/65871842

この記事へのトラックバック一覧です: 松田優作説:

« 真冬のバイク日本一周 | トップページ | これで良いのか? »