« 波乙のエンジン組み立て | トップページ | ジンギスカン鍋の仕込み »

2016年6月 8日 (水)

エンジン完成せず。

いつも通ってるバイク屋で波乙のエンジンを車体に載せるまでやろうとしたのですが・・・

波乙はしばらく放置している間に、波怪の部品取りになってた時期があって、足りない部品が多数ありました。

今回、その部品を全て注文したつもりでしたが、シリンダーノックピンを忘れていました。

あーあ、やっちまったなぁ。

でも、注文した部品がと届くまで、他の箇所を完成させます。

今回組んだタケガワのボアアップキットは、そのまま組んで圧縮比を高くしてません。

タケガワのボアアップキットがカブ110系エンジンの限界圧縮比です。

それ以上高くするとクランクの寿命がかなり短くなります。

健康的なのは、エンデュランスのボアアップキットにトルクアップ・ガスケット(ノーマルベース・ガスケットよりも薄い。)を組むのが耐久性を一切落とさずに最も最高速が出ます。

下りは一番ですが、上りが少し遅い。

タケガワのボアアップキットは、下りも上りも平均して速い。

一応、波乙はレースマシンになるので、そつなく速いタケガワのボアアップキットを選択した次第です。

壊れると覚悟なら、タケガワのボアアップキットで圧縮比アップしたら何処でも速いんですがねぇ。

速い代わりに、いつ壊れるか分からないんじゃ安心して全開できませんよ。

今回はシリンダーヘッドをneriチューニングの物にしました。

仕様は、超高回転型。

何せオートマなんで全開命ですから。

|

« 波乙のエンジン組み立て | トップページ | ジンギスカン鍋の仕込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/65913987

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン完成せず。:

« 波乙のエンジン組み立て | トップページ | ジンギスカン鍋の仕込み »