« 兵器の名前 | トップページ | まったりしてます。 »

2016年6月16日 (木)

今回の証拠は決定打になるのか?

裁判に行ってきましたよ。

珍しく、いつもギリギリに法廷に入る被告一団が早めに入廷しました。

今回は、被告が故意に被告自らが決めた過失割合での示談を強要するために、俺に対して情報の開示を虚偽で拒んだ証拠を提出したので、余裕が無くなったのかも知れません。

しかし、裁判所は基本的に行政の味方。

庇えるだけ庇って、庇いきれなくなったら見捨てられるだけです。

まだまだ庇いきれなくなったとは言えません。

桝添さんみたいマスコミやネットで叩かれてる訳ではないので。

「法曹界は必ずしも真実を追及するものではない。」

今日から始まる裁判のテレビドラマで製作に関してのコメントです。

全くその通り。

事故の責任を問う裁判(棄却判決、只今上告中。)では、裁判長が俺にこう言った。

「裁判は必ずしも白黒つけられるとは限らない。灰色もあるんですよ。」

灰色とは、審議をせずに和解して終らせることもあるという意味で言ったのだろう。

それで納得できたらね。

被告は納得できずに和解を蹴った。

まぁね、道路管理者の被告にとって、死刑判決みたいな和解案だったから無理もない。(次に工事で事故が起きて裁判になったら裁判所は味方しないという和解案。)

俺が被告でもしないよ。

さて、どうなるんでしょうねぇ。。。

|

« 兵器の名前 | トップページ | まったりしてます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/66052668

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の証拠は決定打になるのか?:

« 兵器の名前 | トップページ | まったりしてます。 »