« 今日の予定 | トップページ | 駆動系?エンジン?トラブル »

2016年6月19日 (日)

波乙チューンナップ!

朝一の仕事を終えて、波乙のチューンナップをしてます。

あっ、その前にトラブル解決から。

警告ランプが長い点滅2回、短い点滅が9回は、トラブルNo.29を意味するそうです。

これはスロットルセンサーのトラブル(電気信号が来ない。)なんだとか。

スロットルセンサーのカプラー端子(ギボシ)が抜けやすくなってるのが原因と分かってます。

ギボシを外し、ギボシがカプラーから抜けない様にする反しをもう一度広げてカプラーに射し込むと抜けてきません。

カプラーをスロットルセンサーに接続してキーをオンにすると、警告ランプは消えました。

前回にちょこっとだけオフロードを走った時にヘッドライト横のウィンカーランプが内部で外れました。

ライトカウルを外してウィンカーランプをしっかり入れて固定します。

これで大丈夫。

最後にチューンナップ。

波乙のフロントフォークは、14㎜のカラーを入れてフォークオイルの油面を14㎜上げてます。

市販車オフロードバイクでフロントフォークを強化する時は、カラーの長さ分だけ油面を上げるのが基本。

標準オイル量が68ccなので、4ccアップの72ccを入れてる訳です。

しかし、それでもオフロードコースを走るには物足りない。

そこでフォークオイルの硬さを変えて、フロントフォークに踏ん張りを持たせます。

番数は、標準オイルが10番に対して20番にアップ。

これでも物足りないなら30番にすることも考えてますが、そこら辺は実際に走り比べて走り易い方にしないと何にもなりません。

所詮はタイカブのサスですからねぇ。

気になったのは、波乙のフロントフォークって片側しかオイルダンパーが利いてない設計になってる?

調べて、もう片側にも入れられるのなら入れたいと思います。

無理ならダンパーの利く方だけオイル番数を上げたりしてセッティングですね。

リアサスの方は、スーパーカブ110PRO用にして良好です。(波乙のリアサス取り付けの関係で逆さにして装着。)

ストロークと硬さが丁度良いですね。

フロントフォークを逆さにしてオイルを抜いてる間に朝食を取ってます。

腹が減っては戦(いくさ)はできぬってとこですね。

モトクロス場で転けない様に、ギャップを舐めまくりますよ。

頑張ります。

|

« 今日の予定 | トップページ | 駆動系?エンジン?トラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/66096414

この記事へのトラックバック一覧です: 波乙チューンナップ!:

« 今日の予定 | トップページ | 駆動系?エンジン?トラブル »